12の集う場所
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | PAGE TOP↑
    さようなら。
    category: トシ | author: lax'12
    0
      引退する前、
      仕事が忙しそうだから多分社会人になったらラクロスは続けられないと思うから俺はラクロスを辞める
      と思ってた。
      そして最後の試合で膝をやった。
      本当に出来なくなってしまった。
      そこで気づいたのが、本当はラクロス辞めたくなかったってことだった。
      でも、完治までは8ヶ月。
      そして、もうあの頃の様にラクロスに多くの時間を捧げることは出来ない。
      このブランクは一生取り戻すことが出来ない。
      そして病院でも、古傷の右膝の強度が著しく低下していると言われた。
      まだどうなるかわからないが、もしかするともうクロスを握ることはないかも知れない。


      思い返せば、本当にラクロス中心の3年と8ヶ月だった。
      ほとんどの時間ラクロスのこと、ラクロス部のことを考えていた。
      特に趣味も無かったから、ラクロスしかすることが無かった。
      今、あの3年と8ヶ月が物凄く愛おしく感じる。
      これから先の人生で、人と涙を流しながらあんなに喜ぶことはあるのだろうか。
      人と涙を流しながらあんなに悔いることはあるのだろうか。
      引退してからの3ヶ月ずっとあの頃に戻りたいと思った。
      多分、死ぬまで戻りたいと思い続けると思う。
      でも、当然戻ることなんて出来ない。

      時は繰り返すことなく、流れ去っていくから、人は頑張れるのだと思う。
      全く実感がわかないと思うが、今現役が過ごしている時は、物凄く価値のある時だ。
      だから、一瞬一瞬の時を本当に大切にしてほしい。
      本当に本当に大切にしてほしい。
      1日たりとも無駄な日を過ごさないでほしい。
      人は強くないから、もし無駄な日を過ごしてしまうことがあったなら、次の日からまた大切に過ごすことを繰り返してほしい。

      あと1ヶ月もしないで札幌から離れる。
      物理的にもラクロス部と遠くなってしまうことはすごく悲しい。
      それと同時に、現役や、コーチ等で部に関わるチャンスのある札幌に残る同期がすごく羨ましく思う。
      本当に羨ましい。
      でも、遠く離れたところからラクロス部のことはいつでも応援してるし、
      今後の大躍進を期待してます。
      そして、部員一人一人が俺と同じ立場になったとき、俺と同じ様な気持ちになれる時をラクロス部で過ごしてほしい。

      今まで本当にありがとう。
      土曜日楽しみにしてるね。
      comments(1) | - | - | PAGE TOP↑
      引退に際して
      category: トシ | author: lax'12
      0
        竹下勝利

        「主体性」
        ラクロス部に所属していれば
        誰もが1度は耳にする言葉だろう
        今回は就活で最も印象に残った話をします

        「コンピテンシー」
        という言葉を知っていますか
        これは企業の人事評価にもよく使われるもので
        簡単に言うと、
        業績優秀者の行動特性を分析しモデル化したものです

        コンピテンシーにはレベルがあります

        レベル1 受動行動
        レベル2 通常行動
        レベル3 能動行動
        レベル4 創造行動
        レベル5 パラダイム転換
        これらを練習への参加態度で説明してみます

        レベル1 受動行動
        →部分的、断片的行動
        人に言われて起こすような行動で
        とにかく先輩に言われた通りプレーするとか、コーチに怒られないようにプレーするといった感じかな

        レベル2 通常行動
        →やるべきことをやるべき時に行動
        一般的に当然とされる行動で
        とりあえずフォーカスポイントを意識して練習に取り組むとかいい例かな


        レベル3 能動行動
        →明確な判断や意図に基づく行動
        複数の選択肢から最良のものを選択したり、自分なりの新たな工夫を取り入れたりすることで
        フォーカスポイントを自分なりの工夫でより質の高いものにするみたいな
        例えば、戦術班から与えられたフォーカスポイントは決め切りですってなって
        2→メニューを通してシュートを決めるという意識を持って臨む
        3→シュートを決めるために、クロスを持つ長さを短くすることでゴーリーにコースを読まれづらくしてみようという意識でメニューに臨む
        みたいな違いかな
        主体的に一歩踏み込めるかどうか

        レベル4 創造行動
        →独自の工夫を加えながら状況を変革しようという行動
        与えられた状況から一歩踏み出し変革しようとすることで
        自分の問題点を発見して、色んなビデオ見たり研究を重ねて、自分なりに意識することを見つけ出し、チームのフォーカスポイント(レベル3の水準で)と自分のフォーカスポイント両方を意識しながら練習臨むとか

        レベル5 パラダイム転換
        →全く新たな意味のある状況を作りだす
        ビジネスでいうと起業して成功する人がレベル5だとか
        ちょっと俺では説明出来ません笑


        さて、皆はどこに当てはまるだろうか

        ちなみにこの話をしてくれた某企業が求めてるレベルは4だそうです

        今回は練習への参加態度を例にとりましたが、当然あらゆる場面でこのコンピテンシーは見られると思います
        部の運営、プレー、新勧、育成、トレーニング、etc…
        部員一人一人があらゆる場面で高いコンピテンシーを発揮すればチームは必ず強くなると思います

        いつかのブログにチームは船だという話をしました
        漕がずに見てる人間は船にとって重荷になるという話です
        今回は櫂の使い方の話でした

        今自分はレベル1とか2だと感じてる人からしたら少し難しい話だったかも知れない
        多分いきなり1→3、2→4に飛躍しようとしてもなに考えればいいかわからないと思う
        まだシーズンまで3カ月あるから、なんとか冬練で1つでもレベルを上げてほしい



        最後に余談
        もう1つ感じてほしいのは、あらゆるところにヒントが隠れてるってこと
        部活的には邪魔に思える就活でも、この話以外にも部活に活かせる!って話はたくさんあった
        寛治が野球からシュートを学んだのもそうだけど、あらゆるところに飛躍のチャンスがある
        プレーも人間性も
        しっかりとアンテナを張って日常生活を送ってください

        comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
        時間
        category: 柊一郎 | author: lax'12
        0
           
          引退して一週間ちょい、特に感じたのは時間的余裕。
          いざなくなってみるとこんなに自分の大きな部分を占めてたのかと実感させられた。

          今、現役の皆が実感することは少ないと思うけど
          それだけ大きくて、長い大学生活の殆どを占めている練習の時間をただ浪費してはいけない。


          09の代替わりミーティングでまさとさんが
          伸びるチャンスは1,2,3年だけじゃなくて4年にも有る
          って話していたのがかなり印象に残ってて、実際この1年間自分にプレッシャーがかかってかなり成長出来たと思う。

          だからこそ、14,15はまだ下級生のうちから自分の幅を狭めずに、目標は高く、1年後、2年後に自分が活躍する光景を常に頭の中にもって練習に挑んでほしい。

          13は、一番上になるからこそそこにかかる期待、重圧をチャンスにして更に成長してほしいし、できると信じてます。


          後輩達、部活に入ってくれて、12を支えてくれてありがとう。

          comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
          引退は僕の通過点
          category: 河合 佑城 | author: lax'12
          0

             引退しましたが僕は引退する前と特に何も変わっていません。練習にも混ぜてもらうと思うし、


            ものごとの考え方とかはまた少し変わったけど。


            12とはあんま会わないけどラクロス部の後輩はみんな僕のことをよく見かけてくれるはずだよねー。


            これからは4年生になってやっと習慣づいてきた筋トレもするし、もしかしたら卒業後にラクロスをするかもしれない。


            なんで部活動が就職活動に有利かってみんな考えたことがあるかな?


            それは多くの企業が欲するであろう人材になるための条件が部活動にはそろっているから。


            つまりしっかり部活動に打ち込んでいればその部活でやっている競技以外に人間的にも大きく成長できるってこと。


            どうやって他人と向き合うかとか、困難に向かってアプローチするかとかね。


            君たちが昨シーズンから何を学び、どう成長するか。


            12はこの4年間から何を学び、今後の人生にどう役立てるか。


            常に上を向いて、ラクロスも人間的にも大きく成長しよう!!


            またね


            P.S.

            来年も誰かがきちんとパイセン風吹かせてください!!笑


            comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
            学生としていられるのもあと4ヶ月。
            category: こーたろー | author: lax'12
            0
              日体戦からもう1週間経ちました

              もう1ヶ月くらいたったような、
              ずいぶん前のことに感じるのは俺だけでしょうか
              未だに試合の動画見たり、Motivation Up Movieも2日に1回は見てます

              全然朝起きれなくなったり、
              部屋が砂まみれにならないとか
              ちょっとしたことで引退を実感する1週間でした

              おそらくこのブログを書くのもこれで最後になるので、
              現在の思いをここに形として残します

              書いてみて改めて思ったけど、弱い選手の考え方な気がする


              自分は小学校から高校まで10年間陸上やってました
              現在の運動神経からも想像できる通り、まったく大した選手じゃなかったです

              あまり多くの人には言ってなかったですが、
              自分は高校2年生のシーズンで引退しました
              3年生のシーズンでは選手として試合には出ていません

              2年生の新人戦が自分の陸上人生の集大成として臨む、
              そう決めて死ぬ気で練習しました
              周りの強い選手に必死に食らいついたし、
              やれることは全てやったという自負を持って試合に出ました
              結果は自己ベストだったものの、記録・順位ともに目指していたところには届きませんでした

              10年間やってきて、自分には陸上の才能がない

              周りからいくら才能がないって言われても、
              まだやれるって思って10年間やってきたけど
              このとき初めて心からそう思えたから、大好きだった陸上をやめました


              ここで自分の限界を作ってしまった


              大学で始めたラクロス。

              陸上ではチームの、練習の雰囲気に貢献できても、
              勝者は競技に出場したものだけ。
              もちろんチームメイトが勝つのは嬉しいけど、どっか虚しい

              チームスポーツなら、
              チームで1つの勝利に自分がどこかで貢献できることがあるんじゃないか
              そう思ってラクロスを選びました


              いま4年間を振り返ってみて、
              たくさん試合に出してもらったけど
              勝利に貢献できたと思う試合もあったし
              自分のせいで負けたと思う試合もあった


              もっとも悔しかったのは、
              北大男子ラクロス部が1つのチームとして出る秋季リーグ以降の試合で、
              自分が試合の勝ち負けを握る、悪い意味での鍵になってしまったこと

              俺がどれだけ頑張れるかでチームが強くなるかっていうのはわかってたし、
              負けるか!って気持ちで練習してきた


              でもいま振り返ってみると4年前目標にしてたこととは違った


              自分がここまで何とかラクロスを続けてこられた1つの要因として、辛くなったときに
              「本当に才能がないって言えるまでやったか? 陸上の時もそんなもんだったか?」
              っていう自問自答で乗り越えてきたけど、

              結局は努力した過去に酔ってて、
              その限界を越えようとはしてなかった、並ぼうともしてなかったんだろうな


              たぶんこれが俺が強い選手になれなかった最大の理由だと思います


              もう1つだけ。長くなってごめんなさい。

              自分が選手として成長できた時期、できなかった時期を振り返って、
              同じ考え方をしている人がいたら危険だと思うのでここで伝えます

              自分は特に3年生の時期に全く成長できませんでした
              振り返ってみると、うまくいかなかったのを練習環境のせいにしていたと思ってます

              3年生になると同期の多くがAチームに上がって、
              応援席で悔しい思いをすることも少なくありませんでした

              ここで同期と差が開いていくのを
              「あいつはAチームで練習しているから」「Bチームで練習してたら差は開くに決まってる」
              と自身の下手さを練習環境のせいにすり替えていました

              自分に不足している部分があるからAチームに必要とされていないのに、
              そこから目をそらして練習環境の違いのせいにしているのは
              本当にもったいない 時間の無駄だった

              4年目になってからは、
              Cチームにいたときも自分の不足している部分にしっかり向き合えたし、
              BチームにいたときはAチームをより現実的に意識して練習できた

              実際15LAXではチームごとで練習の緊張感には差があった
              けど、練習環境に関わらず自分の不足している部分は克服できると思う
              やることしっかりやってる人には必ず成長が付いてくるし、結果も出せる
              見てる人はちゃんと見てるから

              いま
              辛い思い、悔しい思いしてる人もいるかもしんない
              同期、先輩、後輩それぞれみんな抱えながらやってるから
              自分だけがそうだと思い込まないでほしいです


              このことをはっきり自覚して練習できたのは
              4年目になってからだったと思う


              めっちゃ長くなったけど、
              ここまで読んでくれてありがとうございました

              途中で何書いてるかわからなくなってしまった

              ここまで書いたのは強くなれなかった選手の考え方だけど、
              これを読んで何か思う事があれば嬉しいです


              とうとう16LAXも始まったし、
              今年たくさん支えてもらった13に、
              来年は応援という形で恩返ししようと思います
              14、15(、16)も全力で13を支えてあげてください


              4年間、本当にありがとうございました。



              今年(たぶんチームで唯一)部員全員と練習した元、主務
              comments(2) | - | - | PAGE TOP↑
              足とか細くなってきた
              category: - | author: lax'12
              0
                引退してからもう1週間
                この1週間はすごく長かった。

                引退した今、思うことは時間ってこんなに長いんだってこと。
                逆に言えばラクロスにそれだけ時間を割いてきたってこと。

                ラクロスをやってた頃は時間がたつのがすごく早かった。
                それはラクロスを嫌いにならずにずっと好きなまま引退できたってことでいいのかな。今となってはそうであると信じたい。
                でもそれだけ。
                結局最後までAチームでラクロスできなかった。チームに貢献できなかった。うまくなれなかった。
                やっぱり思うことはたくさんある。
                もちろんみんなには違う道をたどってほしい。
                技術的なことはなにも言えないけど、かなりの時間をラクロスに費やしてる事をもっと自覚して、

                自分はそれに見合った努力ができているのか、成果が出ているのか

                今改めて考えてみてください。
                もしできていないならどうするのか、それは言わなくてもわかるよね。








                筋トレぐらいはちゃんと継続していこうかな。。。

                 
                comments(1) | - | - | PAGE TOP↑
                続けてよかった
                category: まこと | author: lax'12
                0
                   

                  想像力があればなんとかなった。

                  引き出しが少ない。

                  アプローチの仕方が一辺倒。

                  ラクロス部から奪ってばっか。

                  与えることはできただろうか。

                   



                  会話があればうまくいった。

                  怠惰と決めつけ。

                  圧倒的な無関心。

                  「Cチームだけ見てればいいや。」

                  そんなはずがない。



                   

                  「反省をあげるまで、黙っていよう。」

                  職務放棄と同じだったのかな。

                  Cのプレイヤーにききたい。

                  自主性がないの?

                  やる気がないの?

                  どっちなの?



                   

                  「終わってよかった」よりも「続けてよかった」。

                  そんな四年間を過ごしてほしい。


                  comments(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  竹内引退ブログ きっとみんなのためになる失敗体験談
                  category: - | author: lax'12
                  0

                     お疲れみなさん先日引退したゆうとです。

                    これからブログで話すことは代替わりで話そうかと思っていたことだけどずっと文章かなにかの形で残したかったからブログに書きました。

                    みんななにか少しでも感じとって自分のためにしてくれたら幸いです。


                    自分のラクロス4年間を振り返るとうまくいったことよりそうでないことがいっぱい思い出される。実際に最後の最後にグラウンドに立てず声出すことしかできんかった。きっと自分のラクロス生活は順風満帆なものではなかったと思う。そんな俺がみんなに伝えたいのは成功体験談ではなくてうまくいかなかったラクロス4年間の失敗体験談。俺の失敗からなにか学んで同じ失敗をする人がいなくなればうれしいな。


                    じゃ俺の失敗って何かそれは 少し昔を振り返りながら説明する。

                    俺のラクロス1年目 神田ひろせけい岡地がすぐBに上がって一人取り残された。悔しかった。正直めっちゃ劣等感を感じた。

                    2年目 神田ひろせけいがAチームへ。この年はめっちゃヤマトさんしょーたろうさんにしごいてもらった。けどこのときも12ロングの中ではたぶん一番へたでそのことが悔しかった。

                    3年目 岡地もAに上がる、つまこい遠征にも12ロングで俺だけメンバーに入らなかった。けいはAいたりBいたりしてたっけ? もうこのころには劣等感の塊になってた。「あいつらに追いつきたい」「Aに上がってやりたい」その思いでいっぱいだった。その気持ちは練習にも如実に現れた。めっちゃがむしゃらに声出した(その結果IKOも生誕)、平田さんにもいっぱい質問とかした、アフターとかでも抜かれてばっかだったけどどんどん11アタック陣に食らいついた。その結果この時期でめっちゃ成長した。そしてついにAに上がれたけど同時に12ロングに追いついたように錯覚して”満足”してしまった。Aにあがる目標を達成して”満足”してしまった。

                    満足した先に待っていたのは成長のストップ。いま振り返れば本当に馬鹿だった。きっと一番だった成長できるビックチャンスを無駄にした。そもそもいつのまにか自分のラクロスやっている目標が「12ロングに追いつくこと」「Aに上がること」になっていた。神田とかひろせとほかのやつらは「関東」を目標してやっているのに。3年目は成長した年であるのと同時に本当に馬鹿な一年だった。

                    4年目はまだ自分の中でちゃんと整理できてないけどつまこいいってAに上がってBに落ちて(このときも3年目と同じ失敗したのかな?)そっからしばらくしてからはBCの後輩にできるだけ多くのことを教えてたりしてBCをできるだけ引っ張るのが目標になってた。


                    まあざっとこんな4年間だった。

                    ここまで書いてなんとなく俺の失敗伝わったかな?文章むちゃくちゃでごめんね。

                    俺の失敗は「12ロングに追いつくこと」「Aに上がること」が目標になっていたこと。その目標が絶対よくないわけじゃないかもだけど最悪だったのはその先のビジョンが何もなかったこと。いつの間にか満足してしまったこと。別に追いついたわけでもなかったのに。

                    13、14,15のみんなには同じ失敗をしてほしくない。いまの現状に満足してる人はいない?「A上がること」が目標になってない?「誰かに追いつくこと」が目標になってない?それらの目標が一概に悪いとは言わないけど(俺も実際にその目標で成長できた時期もあったし)ただその先のビジョンはちゃんとある?みんなが目標にすべきは北大のだれかじゃない。きっと関東のやつらもぶっ倒すこと。

                    大事なことだからもう一度書きます。特に14は今年3年目で今年こそAにあがってやるって思っている人いると思う。けどもしうまくいっても絶対満足はしないでね。Aとか北大の誰かに勝つのはあくまで関東を倒す通過点のはずだから。もし満足しちゃいそうだったまたこのブログでも読んでくれ!


                    最後にみんな関東ぶっ倒してくれ!

                    期待してる、応援してる!

                    やったれ!


                    comments(2) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
                    引退して思うこと
                    category: - | author: lax'12
                    0
                      久しぶりに投稿です。
                      ついに部活を引退しました。

                      4年間を思い返すと、辛かったことの方が先に思い出されます。
                      なんで毎朝こんなに早起きしてんだろうなんて考えながらアップすることもありました。
                      入部したての頃や最終学年になると自然とモチベーションは上がりましたが、毎回の練習や筋トレにやる意味を見出せなくなる時期もありました。
                      そんな時は、辞めたら楽だろうなって
                      ことばっかり考えていましたが、なんとか周囲に支えられて辞めることなく部活を続けることができました。

                      ただ、辛かったけど頑張って続けた先には素晴らしい景色が待っていたとか言うつもりはありません。
                      最後まで続けても、4年間にやってきたことがそのまま引退した時に返ってくるだけです。
                      自分は引退という最後の最後まで悔しさや情けなさで頭がいっぱいでした。
                      ラクロスに対する思いが途中ぷつりと切れてしまっていた自分には、とても自分を満足させるものは返ってきませんでした。自分が北大男子ラクロス部に少しでも貢献できたとは思えず、今はなんとも言えない気持ちでいっぱいです。

                      ただ、このまま終わってしまっては本当にただのアホになってしまうので、少しでも北大ラクロス部に貢献するために、このことを後輩のみんなに伝えたいと思います。
                      今部活を続けるのが辛い人たち、自分自身がそうだったのでとても酷なことを言っているのは分かっているのですが、「辛いけど頑張って続けている」に満足しては、きちんと目標を持って練習している人たちには置いていかれてしまいます。今なんとか続けていれば、いつか光が見えるはずって思いながら頑張っている人たち、そのまま終わってしまいますよ。

                      では自分自身どうすればよかったのか。申し訳ないけどよくわかりません。
                      ただとにかく自分が伝えたいのは、辞めたくなるくらいしんどくても最後まで続けていれば必ず素晴らしい光が待ってるなんてことは無いし、続けていることに満足していては手遅れになりかねないってことです。
                      後輩のみんなには、特に今苦しんでいる人たちにはそのことを十分に理解してもらいたくて、そして少しでも部に貢献して晴れやかな気持ちで最後を迎えられるようになって欲しいと思います。

                      最後に、北海道を離れてもラクロス部のことは応援します。今から来年のみんなの活躍が楽しみで、全日も絶対観に行きます。1日1日を悔いの残らないように頑張ってください。
                      あと14、15、もしかしたらこのブログを読んでくれているかもしれない16のみんな、13には貪欲にたかるように。ラーメンとかね。では。
                      comments(4) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
                      いつかは必ず終わるから
                      category: - | author: lax'12
                      0
                        現実はわかっていても実感はいまいちわいてこない

                        そんなことを飲み会のとき思っていた


                        そして翌日、起きる




                        一人の部屋

                        床に置かれた無駄にでかいカバン、泥の汚れがやや残る防具、一緒に戦ってくれたクロス

                        汗も魂も(汚れも)未来に引き継いだユニフォーム  (ちゃんと洗って渡すよ!)


                        こうして少しずつ、終わったこと、そして始まったことを噛みしめていくんだと思った



                        素敵な動画、そして飲み会の雰囲気とか、最後の方は少しでもチームは一つに近くなって、和ができていたようにみえた

                        けれど今年のゴタゴタ、自分たちの情けなさ、頼りなさ、申し訳なさは決して有耶無耶にしてはいけない
                        終わりよければ(そもそもよくない)全てよしとは思わない

                        けれど13を筆頭とした皆なら、こんなマイナスも反面教師として戦っていってくれると思う



                        さよなら  さよなら  ここからまた始まってく



                        みんな声をからしてくれてありがとう 
                        周りがどんなでも、関係なく、それこそ特別な時だけじゃなくて、普段の練習から声を出していってね



                        ありがとう ありがとう ここからまた始まってく



                         
                        comments(0) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
                        new old
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENTS
                        LINKS
                        PROFILE
                        OTHERS
                        SEARCH