12の集う場所
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | PAGE TOP↑
    学生としていられるのもあと4ヶ月。
    category: こーたろー | author: lax'12
    0
      日体戦からもう1週間経ちました

      もう1ヶ月くらいたったような、
      ずいぶん前のことに感じるのは俺だけでしょうか
      未だに試合の動画見たり、Motivation Up Movieも2日に1回は見てます

      全然朝起きれなくなったり、
      部屋が砂まみれにならないとか
      ちょっとしたことで引退を実感する1週間でした

      おそらくこのブログを書くのもこれで最後になるので、
      現在の思いをここに形として残します

      書いてみて改めて思ったけど、弱い選手の考え方な気がする


      自分は小学校から高校まで10年間陸上やってました
      現在の運動神経からも想像できる通り、まったく大した選手じゃなかったです

      あまり多くの人には言ってなかったですが、
      自分は高校2年生のシーズンで引退しました
      3年生のシーズンでは選手として試合には出ていません

      2年生の新人戦が自分の陸上人生の集大成として臨む、
      そう決めて死ぬ気で練習しました
      周りの強い選手に必死に食らいついたし、
      やれることは全てやったという自負を持って試合に出ました
      結果は自己ベストだったものの、記録・順位ともに目指していたところには届きませんでした

      10年間やってきて、自分には陸上の才能がない

      周りからいくら才能がないって言われても、
      まだやれるって思って10年間やってきたけど
      このとき初めて心からそう思えたから、大好きだった陸上をやめました


      ここで自分の限界を作ってしまった


      大学で始めたラクロス。

      陸上ではチームの、練習の雰囲気に貢献できても、
      勝者は競技に出場したものだけ。
      もちろんチームメイトが勝つのは嬉しいけど、どっか虚しい

      チームスポーツなら、
      チームで1つの勝利に自分がどこかで貢献できることがあるんじゃないか
      そう思ってラクロスを選びました


      いま4年間を振り返ってみて、
      たくさん試合に出してもらったけど
      勝利に貢献できたと思う試合もあったし
      自分のせいで負けたと思う試合もあった


      もっとも悔しかったのは、
      北大男子ラクロス部が1つのチームとして出る秋季リーグ以降の試合で、
      自分が試合の勝ち負けを握る、悪い意味での鍵になってしまったこと

      俺がどれだけ頑張れるかでチームが強くなるかっていうのはわかってたし、
      負けるか!って気持ちで練習してきた


      でもいま振り返ってみると4年前目標にしてたこととは違った


      自分がここまで何とかラクロスを続けてこられた1つの要因として、辛くなったときに
      「本当に才能がないって言えるまでやったか? 陸上の時もそんなもんだったか?」
      っていう自問自答で乗り越えてきたけど、

      結局は努力した過去に酔ってて、
      その限界を越えようとはしてなかった、並ぼうともしてなかったんだろうな


      たぶんこれが俺が強い選手になれなかった最大の理由だと思います


      もう1つだけ。長くなってごめんなさい。

      自分が選手として成長できた時期、できなかった時期を振り返って、
      同じ考え方をしている人がいたら危険だと思うのでここで伝えます

      自分は特に3年生の時期に全く成長できませんでした
      振り返ってみると、うまくいかなかったのを練習環境のせいにしていたと思ってます

      3年生になると同期の多くがAチームに上がって、
      応援席で悔しい思いをすることも少なくありませんでした

      ここで同期と差が開いていくのを
      「あいつはAチームで練習しているから」「Bチームで練習してたら差は開くに決まってる」
      と自身の下手さを練習環境のせいにすり替えていました

      自分に不足している部分があるからAチームに必要とされていないのに、
      そこから目をそらして練習環境の違いのせいにしているのは
      本当にもったいない 時間の無駄だった

      4年目になってからは、
      Cチームにいたときも自分の不足している部分にしっかり向き合えたし、
      BチームにいたときはAチームをより現実的に意識して練習できた

      実際15LAXではチームごとで練習の緊張感には差があった
      けど、練習環境に関わらず自分の不足している部分は克服できると思う
      やることしっかりやってる人には必ず成長が付いてくるし、結果も出せる
      見てる人はちゃんと見てるから

      いま
      辛い思い、悔しい思いしてる人もいるかもしんない
      同期、先輩、後輩それぞれみんな抱えながらやってるから
      自分だけがそうだと思い込まないでほしいです


      このことをはっきり自覚して練習できたのは
      4年目になってからだったと思う


      めっちゃ長くなったけど、
      ここまで読んでくれてありがとうございました

      途中で何書いてるかわからなくなってしまった

      ここまで書いたのは強くなれなかった選手の考え方だけど、
      これを読んで何か思う事があれば嬉しいです


      とうとう16LAXも始まったし、
      今年たくさん支えてもらった13に、
      来年は応援という形で恩返ししようと思います
      14、15(、16)も全力で13を支えてあげてください


      4年間、本当にありがとうございました。



      今年(たぶんチームで唯一)部員全員と練習した元、主務
      comments(2) | - | - | PAGE TOP↑
      この一年間
      category: こーたろー | author: lax'12
      0

        ポジション変更から始まった’15LAX

         

        それまで3年間ATとしてやってきて

        MFに挑戦することを決めたのは

        どうしてもAチームとして試合に出たかったから

         

        3年生でもAチームとして試合に出ることはできず、

        あの1012日も応援席で見てることしかできなかった

         

        来年自分が4年生になったときに

        11のリベンジを自分自身の手でしたい

        自分がそのフィールドに立っていたい

        その目標を持って始まった自分の’15LAX

         

        つま恋が終わり

        MFとして自分がAチームで出るには何もかもが足りない

        焦りと半ば諦めみたいなものも正直あった

         

        外で練習できるようになって

        亀田さんとりゅうさんに言われた言葉

        「こーたろーはAチームで活躍するのは厳しいからCチームのコーチを頼みたい」

        ショックだった半面、心のどこかで思っていたことを面と向かって言われた

         

        いろいろ考えたけど自分の中で出た答え

        コーチとして後輩に残せるものがあるなら残したい

        けど、自分はプレーヤーとしてまだやれるという思いがどっかにあってそれを捨てられなかった

         

        ATに戻ったのも

        自分が一番活躍できる場所だと思ったから

        後輩に教えられることがまだあると思ったから

         

        6月になって、

        怪我人が多いっていうチーム事情もありAチームに入ることができた

        4年目にして初めてのAチームだったけど、

        毎日毎日アピールしなきゃすぐBチームに落とされる

        っていう焦りと不安が一番のモチベーションだった

         

         

        リーグ戦が始まって、

        試合に出ることができた

         

        去年までずっと応援席だったから、

        試合に出たくても出られない人がいること

        例え試合に出られなくてもベンチに入って一緒に戦いたい

        Aチームという場所がいかに特別か

        そういう思いは今のAチームでは一番わかっているつもり

         

        今のAチームは多くの人がAチームでプレーしてきた時間が長い

         

        Aチームに上がってから

        BCチームのそういう思いをAチームに伝えることができていただろうか?

        俺がその役割を果たさなければならなかった

         

        心のどっかで

        Aチームに上がったこと

        試合に出て得点を決められたこと

        に満足してそれを当たり前に感じてしまっていた

         

        残された短い時間

        いまAチームでプレーしていることの難しさ、責任を

        BCチームがどんな気持ちで応援してくれているかを

        もう一度心の真ん中に置いてプレーする

         

        思いが伝わるプレーを。姿勢を。

         

        #9

        comments(0) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
        いざ、函館へ!
        category: こーたろー | author: lax'12
        0
          こーたろーです
          七帝について書きます
          何かを伝えたいとかってわけじゃなく自分の頭の中整理したいので書きます
          正直まだ頭の中ぐっちゃぐちゃです

          まずみんなギリギリで戦ってたのに、早々とぶっ倒れてしまってすみませんでした
          特にMGさんにはご迷惑おかけしました
          ATの人数少なくてMFにも手伝ってもらったり本当に申し訳なかったです

          結果としてはリーグ戦・順位決定戦ともに全敗
          ラクロス始めてまだ1年ちょっとだけど、間違いなく1番悔しかったです
          まるこも言ってたけど、どさんこまではほりけんさんやゆうせいさんに頼ってた部分がほとんどだった
          今回ATのポジションリーダーやらせてもらって、今まで自分のことばっか考えてラクロスしてたけどそうもいかなくなりました

          オフェンスでは「勝負所をつくる」っていうのを目指して、
          七帝前の66とかでは正直手応えとかもあった

          けど、それが本番ではできなかった
          自分たちのミスでOFを終わらせてた
          あんだけDF陣が我慢して守ってくれてたのにOFとして形をつくれないままで終わってた
          自分たちのやってきたことが通用するかどうか以前の問題だったっていうのが余計に悔しいです

          OFがうまくいかないときに、切り替えれるポイントをもってなかったっていうのがありました
          自分で流れを変えられるような1on1とかもなくて、ここはコーチ陣が言ってた「自分の色」っていう部分なのかなって思います

          あとは「決めきる」ってこと
          やっぱり少ないチャンスを決めきれなかった
          練習中から1本のシュートへのこだわりが足りないのがここででたんだと思います



          こんなとこです
          めちゃめちゃに書きなぐったけど
          なかなか頭の中が整理されない
          オフの間ゆっくり考えようと思います





          熱中症には気を付けます
          comments(3) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
          うどんに疲れてきた
          category: こーたろー | author: lax'12
          0
            タイトルに深い意味はないです

            同じクラスのまるしんとそわが更新してくれたし
            せっかくだからブログ書こうと思います


            知ってのとおり俺は
            オフ明けの3月末に足首の靭帯痛めました
            めっちゃ痛かったです


            自分の中では、
            オフまでの冬の体育館練で飛躍的に上手くなることはできなかったけど、
            ラクロスしててめっちゃ楽しかったと思ってます


            そんなときにケガして、
            復帰まで1か月はかかると言われました
            (1ヶ月半かかったけども)


            体育館練が終わり、
            新歓期になって忙しいながらも
            サカグラで練習が始まりました


            Bの人は十字パスばっかやってて大変そうだったけど、
            自分としてはそれをできるのもうらやましかった


            ちょっと走ったら足首痛むし、
            それが怖いから思ったように次のステップいけない


            自分がラクロスするイメージが全然わかなくなってた


            練習には見学しかできないけど行ってたし、
            合間を見つけてクレードルなりできることをやって
            なるべくラクロスから離れないようにはしてたつもり


            GW明けから練習復帰して、
            サムライカップとスプリングステージって
            2つの大会やりました




            正直ね、めっちゃ離されたと思った
            パスキャやっててもチェック練してても
            2ヶ月くらいだけど変わった人はホントに変わった



            今すごく焦ってます




            でもね
            やんなきゃなんないことは多いけど
            ラクロスできるようになって
            やっぱり楽しいっす


            というわけで自分のことばっかいろいろ書いたけど

            ラクロスは楽しい!

            ってことを少し離れてみて実感したってことです


            ほんまんさんやあつとさんみたいに
            俺よりもっと大きいケガしても
            復帰してガンガン活躍してる先輩いるし、
            俺もこれからもっとうまくなります


            頑張りましょ!
            comments(9) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
            ぶろぐりれー10 「誰が課長やねん」
            category: こーたろー | author: lax'12
            0
              どうも、こーたろーです

              このブログ書くの初めてですね


              じゃあ自己紹介から
              出身は函館の隣の北斗市です
              言ってもどこか伝わらないと思うんで
              函館って言ってます


              北大男子ラクロス部には
              函館出身者がいないのでさみしいです
              今年の新歓では函館出身者をさらってきてでも入部させたいと思ってます



              あとはあだ名が多いですね
              最近のブームは「課長」
              カビラさんが最初に言い出した気がします



              あきひとに至っては「鶴!」
              なんて呼びますね



              俺は鳥じゃない



              と自己紹介はこれくらいにしときます
              もっと知りたい人は直接聞いてください
              5時間くらいかけて自己紹介します




              じゃあラクロスのことについて書きます


              いろんな人が言ってるけど、
              「練習の質」ってことについてです



              練習の前にメニューが送られてくる

              練習に臨む前に自分のフォーカスポイントを考える

              練習で実際にトライしてみる

              それがどうだったか反省する


              ここで言いたいのは
              この「トライすること」ってとこです


              「こういう1on1かけてみよう」
              「ああいう動き方してみよう」


              ラクロスの動画見てたり、暇な時間にラクロスのこと考えてると
              こういうことあると思います


              たまかつさんが上級生コーチに入ってくれたときに言ってたのが、
              「自分ができるかできないか微妙だっていうとこを確実にできるようにしていけ」
              ってことを言ってました


              自分のクロスワークやパスキャ技術でできることできないことっていうのは12もこの一年間でだいたいわかってるんじゃないかと思います


              あまりに自分にとってできないことにトライするのは練習の質をも下げてしまうってことです


              そのプレーをしたいならどういう自主練をすればいいか考える、そして練習するっていう繰り返しでまたうまくなれるはず


              ここからは自分の悩みなんですが

              自分は割と頑固なので
              「今日はこれやりたい!」
              って決めるとそれしかトライしてない、
              なんてことがよくあります

              失敗しても
              何が悪いのか考えがまとまらないうちに
              次にいっちゃってまた同じ失敗をしてしまう

              練習終わってYoutubeでじっくり反省すると
              「ここが悪かったのか」
              とかわかったりします




              もっと練習の途中にもバリエーション増やせたらいいなー
              とか
              どこが悪かったのかをもっと早く判断して修正できたらいいなー


              って思ってたら、
              やっぱり1年やったくらいじゃラクロスのこと全然わかってない
              ってことに気づかされます


              もっと試合のDVDとかYoutube見ようと思います



              こーいうのみんなで見る機会あんまりないから
              みんなで意見だし合いながら見れたらおもしろいなー
              とか思います


              ぜひやりましょう


              あと「切り替え」ってのも書こうと思ってたんですけど
              進平がブログに書いてくれてたんで割愛します

              俺はすごく共感できました


              今回自分で考えるってことばっかり書いちゃったんですけど
              やっぱり行き詰ったら誰かに聞くってことめっちゃ大事だと思います

              自分じゃ見えてないとこ見てくれてます
              俺ももっと他人に関心もっていきます



              文学部なのに全然まとまらなかったです
              ぐっちゃぐちゃですね
              読みづらかったらすみません



              じゃあ次の人は
              ゆうと
              あたりでいっときますか


              とてつもないブログ期待してます
              comments(9) | trackbacks(0) | - | PAGE TOP↑
              PR
              SELECTED ENTRIES
              CATEGORIES
              ARCHIVES
              RECENT COMMENTS
              LINKS
              PROFILE
              OTHERS
              SEARCH